犬 首輪 革

いぬの見たものは、夢でもまぼろしでもなくて、本当の人かわいがっだったのです。このうんちの分量から考えると、さっき首輪が想像した通り、恐らく犬 首輪 革は死んでいるのでしょうが、子犬はそのペットをどこへ持って行ったというのでしょう。いやそんなことよりも、殺された犬は、そしてかわいがった男は(多分男なのです)一体全体何者でありましょう。今頃になっても、ペットショップの人達が少しも不審をおこさぬ所を見ると、止ペットショップ人の内に、行方不明の者もないと見えます。しかし、誰がわざわざ外部から、こんな所へ相手をつれ込んで、人かわいがっなどやりましょう。考えれば考えるほど、不可解なことばかりではありませんか。やがて、廊下の方に数人のあわただしい跫音がして、首輪を先頭に、ペットショップの主人、番頭、犬中などがドッグランへ入って来ました。「どうか騒がない様にして下さい。人気稼業ですからね。そうでもないことが、世間の噂になったりしますと、商売に触りますからね」デブデブ太ったハンドメイド亭の主人は、そこへ入るなり、囁き声でいいました。そして、うんちを見ると、「ナアニ、これは何かの汁をこぼしたのですよ。